• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • After Five デキる大人のアソビ場 カキモリ / inkstand by kakimori

コラム

After Five デキる大人のアソビ場 カキモリ / inkstand by kakimori

手書きの楽しさに触れる 思いの詰まった文房具
 

ものづくりの町・蔵前に佇む文具店「カキモリ 蔵前」。デジタル機器が普及した今、「たのしく、書く人。」をテーマに、自分の手で書く時間を豊かなものにし、その時間を大切に思う人を増やしたいとの思いで生まれた。

同店では手紙やインク、ペン類などのオリジナルの商品も含め、多種の文房具を扱い、中でも、リングノートをカスタマイズできることが特徴。壁にずらりと並んだ表紙、中紙、リング、留め具の中から、好みのものをそれぞれ選ぶ。組み合わせたノートは、店内中央にある機械でスタッフが製本し、目の前で出来上がるのだ。

1冊の平均は2000円程度。表紙はシンプルなものから華やかなものまで、中紙はスケジュール表や画用紙など多様で、仕事用や趣味用、両方で使えるノートも自在につくれる。組み合わせによる可能性は限りなく、1時間かけてじっくり選ぶ人もいるのだとか。

使い終わったら中紙を交換し、過去の記録は綴じて保存しつつ、気に入った表紙のノートをそのまま使い続けられる。特に革の表紙のノートは、使い込んで変化する風合いを楽しめるという。

さて、「カキモリ」を後にして蔵前駅方面に向かい8分ほど歩くと、姉妹店の「inkstand by kakimori」に到着する。「色をつくる、出会う、」をテーマとする同店では、自ら手を動かして、自分だけの色のインクをつくれるのだ。16色のベースカラーから2、3色を選び、滴数を記録しながらカップ内で混色、試し書きを繰り返す。45分以内に好きな色を決めたら、指定された比率に基づきスタッフが40分ほどでインクを調合し、完成となる。

同店が使用しているのは、メーカーと共同で開発した、詰まりづらい、混ぜられる万年筆用水性顔料インクだ。耐水性と耐光性に優れ、手書きの文字や絵を何年先にも残すことができる。また、2年間はインクの比率を記したレシピカードが店舗で保存されるため、シリアルナンバーを伝えるだけでリピート可能。オーダーインクは2700円で、リピート時には2160円となるのも嬉しい。

つくったインクは、万年筆、ローラーボールペン、ガラスペンで使える。それぞれ同店のオリジナル商品も販売されており、使うシーンに応じて選ぶのも良いだろう。

顧客の注文の仕方はさまざまで、好みの色がいくつも生まれて時間いっぱい悩む人も、「写真のこの色にしたい」「元気が出る色が良い」とスタッフに相談しながら試行錯誤する人も、たまたま生まれた色に魅せられ即決する人も。そうして生まれた色には、つくり手の思いが込められている。

手書きの良さは海外でも見直されており、外国人観光客も多く足を運ぶという。手書きする中で浮かぶアイデアがあり、手書きだからこそ伝わる思いもあるだろう。特別なノートや手紙に、特別な色でしたためてみては?

1 「カキモリ」でカスタマイズできるノートの表紙は、布張りのものや革、厚紙など、常時60種類ほど。季節や人気に合わせて不定期で入れ替えられる

2 中紙は4パックまで綴じられ、罫線、方眼、ドット、無地、スケジュール表、画用紙、写真アルバム台紙など多種多様。書き心地も異なるため、鉛筆・ボールペン・万年筆との相性も示された試し書きのスペースで確認できる

3 リングのカラー、留め具のスタイルとカラーも選び終えたら、目の前で製本してもらえる。オーダー状況によって20分から1時間程度で完成し、その間はつくられる様子を眺めたり、筆記具を選んだりして待つことができる

4 封筒・ライナーや便箋・一筆箋などオリジナル製品が豊富で、レターセットも用意されている。友達に送る手紙や仕事でお世話になった人に送る手紙を、特別なものにできるはず

 

【Focus!】
書く楽しさを発信している「カキモリ」には、店頭に並ぶ2タイプのボールペンの芯を試し書きできる「芯バー」コーナーがある。自分好みの見た目の軸に、自分好みの書き心地の芯を組み合わせられるのだ。例えば、スタイリッシュな海外製の軸に、入手しやすい日本製の芯を入れて使うことも可能。ビジネスシーンで活躍するであろう軸が多いのも魅力だ。
また、自分だけの色をつくることができる「inkstand by kakimori」では、混ぜた色を試し書きする際にガラスペンを用いる。ペン先をインクに浸すだけで使え、水洗いすれば別の色で書けるため、万年筆よりも気軽に楽しめるのが特長である。同店オリジナルのガラスペンも販売中。今までにない1本を、探してみてはいかがだろう。

 
 
 

カキモリ 蔵前
【所在地】〒111-0055 東京都台東区三筋1-6-2
【TEL】050-1744-8546
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】月曜定休(祝祭日の場合は開店)
【URL】http://kakimori.com/
 
 

 

inkstand by kakimori
【所在地】〒111-0051 東京都台東区蔵前4-20-12 クラマエビル 1F
【TEL】050-1744-8547
【営業時間】11:00~19:00
*予約制* http://airrsv.net/inkstand/calendar
【定休日】月曜定休(祝祭日の場合は開店)
【URL】http://inkstand.jp/

 

<<前の記事   Cafe HOOT HOOT | サイエンスバー インキュベータ 次の記事>>


amazonからのご注文
2018年11月号
COMPANYTANK 2018年11月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、ロボットクリエーターとして活躍する高橋智隆氏がご登場!趣味で始めたロボットづくりを事業として成功させた同氏の信念やビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

水野 裕子 杉田 かおる 畑山隆則 宮地 真緒 矢部 みほ 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治