• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • EVENT NEWS インテリア ライフスタイル

コラム

EVENT NEWS インテリア ライフスタイル

世界中から最新デザインが集結
ライフスタイルを彩る国際見本市

 
東京ビッグサイトで2018年5月30日(水)~6月1日(金)にかけて開催された、インテリア・デザイン市場のための国際見本市「インテリア ライフスタイル」。北欧をはじめとする海外企業が出展する他、日本の伝統を生かしたデザインの商材が寄せられるなど、ライフスタイルに関わるさまざまな製品が展示されていた。本コラムでは、世界中からスタイリッシュな製品が集まった同展示会の、初日の様子をお伝えしていこう。
 
29ヶ国・地域810社の出展者が軒を連ね、3日間で2万5302名の来場者数が訪れるという大盛況のうちに幕を閉じた「インテリア ライフスタイル」。会場には、優れた機能性はもちろんのこと、高感度なデザインのライフスタイルに関わる商品が集結していた。本コラムでは、全13ブロックに分類された商品群の中から、私たちの気分を高め日常を明るく照らすデザインの製品を紹介していこう。
 
会場に入り最初に目に入るのは、吹き抜け空間に大体的に掲げてあるフラッグ─アトリウム特別企画「For Here or To Go?」だ。ホール中央のこのブロックでは、会場で即決するのでも、持ち帰って検討するのでも商談しやすい展示会をコンセプトにした企画が開催されていた。そして、海外のファストフード店でよく使われるフレーズにちなんだ同企画名と絡めて、特設カフェではこだわりのコーヒーやサンドイッチを販売していた。
 
次に、北欧のデザイン家具や小物を展示するブロック「NORDIC LIFESTYLE」。アカツキコーポレーション(株)により、デンマークの子ども向けインテリアブランド「sebra」の製品が紹介されていた。同ブランドのほとんどは、木や綿などの自然素材を使って手作りした製品で、子どもが安全に遊べるような設計にもこだわっている。そして、淡い色づかいのデザインで周りのインテリアにも良く馴染み、ギフトとしての利用も人気だ。
 
室内照明や家具・寝具がメインの「HOME」ブロックでは、(有)ナガタトレーディング NOSSA事業部が天然石のジュエリーランプ「NOSSA」を展示。世界中から厳選した良質な天然石を素材に、国内のステンドグラスアーティストが制作した作品は、全てがハンドメイドの一点物。きらびやかで上品な灯りが、会場にもたらされていた。
 
キッチン用品や生活雑貨などが集まった「EVERYDAY」ブロックの一角で、地元・高知県の製品を紹介していたのは(公財)高知県産業振興センターだ。中でも穂岐山刃物(株)は、800年以上にわたって受け継がれてきた土佐打刃物の技術を継承する高知随一の刃物メーカー。同社はプロ向けから家庭用まで幅広い需要に対応した製品群を誇る。その中核を成す「左近」は、日本刀づくりから受け継ぐ技に現代の技術や素材を応用し、錆びにくく鋭い切れ味と、耐久性を重視した設計だ。
 
同ブロックでは、「灯り、音楽をもっと身近に。」というテーマで誕生した、(株)フォレストの「LED Lantern Speaker」も展示。アウトドア環境にも馴染むランタン型のデザインが印象的だ。調光可能なLEDライトにスピーカーを搭載しており、Bluetooth®を接続し、スマートフォンなどから音楽を再生することができる。
 
日本の伝統技術とモダンなデザインが融合された製品が集まる「JAPAN STYLE」ブロックで、木曽漆器づくりの技術を応用した漆硝子を展示していたのは(有)丸嘉小坂漆器店だ。涼やかで透き通る硝子に漆の豊かな魅力をまとわせた漆硝子は、テーブルウェアとして新しい価値を創造している。職人の丹念な手作業でつくられた一点一点表情の異なる器が、食卓を彩ってくれることだろう。
 
世界を舞台に取り引きされているデザイン商材が集結していた「GLOBAL」ブロック。中でもモダニティ(株)はBluetooth®対応スピーカー「Aerobull」で多くの来場者の注目を集めていた。ブルドッグをかたどったこの製品は、どこかユーモラスで愛嬌のあるデザインに仕上がっている。それに加えて、サングラス部分から高音、背部から低音を出すことで、ハイクオリティーな音質のパフォーマンスも誇っている。
 
若手起業家による新規ブランドを紹介するブロックの「NEXT」では、(株)ボグクラフトがペーパークラフト「KAKUKAKU®」を展示。カクカクと洗練されたデザインと、自分の手で組み立てることで愛情が込められるのが特長だ。折り目や切り込みの通りに組み立て、付属品の両面テープで貼り合わせるだけで簡単に出来上がる。中でも、西洋風の壁掛けアンティークを模した「WALL」には3種類のサイズを用意。自分の家に合うものを選んでみてはいかがだろうか。
 
特にデザイン面に強みを持つ商材を中心に、幅広い分野にわたって出展されていた本見本市。世界最先端の斬新なデザイン商品は、日々の生活に活気を与えてくれるに違いない。
 

1 アカツキコーポレーション(株)は、デンマークの子ども向けインテリアブランド「sebra」の製品を紹介していた。写真は木製のバイクを模した積み木
2 土佐打刃物の技術を継承する高知随一の刃物メーカー、穂岐山刃物(株)は、鋭い切れ味と耐久性、錆びにくさを兼ね備えた「左近」を展示
3 「LED Lantern Speaker」はスピーカー機能搭載のLEDランタン。アウトドア環境で気軽に音楽を再生するを可能にした。(株)フォレストによる商品だ
4 (株)ボグクラフトはペーパークラフト「KAKUKAKU®」を展示していた。中でも「WALL」は家の壁に飾れるインテリアだ

 
 
 

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

川﨑麻世 杉田 かおる 水野 裕子 名高達男 時東ぁみ 鶴久 政治 矢部 みほ 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広