• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • 岡西佑奈 書と禅語 「あるべきよう」

コラム

岡西佑奈 書と禅語 「あるべきよう」

「あるべきよう」


 
経営やビジネスに奮闘される皆様の心に灯をともす“禅語”を書で伝える連載、「書と禅語」。今回は、「あるべきよう」をご紹介します。

この言葉には、「ありのままの、本来の姿が最も大切である」という意味があります。本来の姿とは、これまで年月をかけ積み重ねてきた経験によって培われた、最も良い状態の心と体のこと。いかなるときも本来の姿の自分を信じて考え、行動に移すことで、真の実力を発揮できるのです。

しかし、ありのままの姿でいることは、なかなかできないものです。周囲からの評価が気になったり、人と比べたりして、素直に自分らしくあることのほうが難しいように思います。私も子どもの頃は、自分自身を表現することが苦手で、人前で取り繕ってしまっていました。そんな私に、母はいつも「ありのままの姿でいるあなたが一番素敵よ」という言葉をくれたのです。それが私にとっての「あるべきよう」の原点なのだと思います。

この言葉を書きたいと思ったのは、私自身が今、本当にやりたいことができていると思えるようになったからです。自然界には曲線しか存在しないように、書も、型にはまらず自由に美しい曲線で書きたい。そして書という枠も越えて、作品をアートとして世界に発信していくのが自分の役割だと思っています。

今回の作品は、それぞれの文字の大きさが異なり、力強かったり、しなやかだったりと、とにかく“自由”に表現しています。皆様もぜひ、自分本来の姿を大切に生きてみてください。きっと、仕事や生活という枠を越えて、より豊かな人生になっていくのではないでしょうか。

 

 

■プロフィール
岡西 佑奈 Okanishi Yuuna
 
幼い頃から、白い紙に滲み広がる墨の黒さ、“モノクローム”の世界に惹かれ、7歳から本格的に書に目覚める。書家・栃木春光に師事し、高校在学中に師範の免許を取得。水墨画においては関澤玉誠に師事する。書家として文字に命を吹き込み、アーティストとして独自のリズム感や心象を表現している。国内外受賞歴も多数。また、「子どもに命の大切さを伝えたい」という思いから、小学校での書道教室をボランティア活動として開催している。
 
■公式サイト
http://okanishi-yuuna.com/
■フェイスブック
https://www.facebook.com/YuunaArt/

 
《個展情報》

岡西佑奈
『青曲~そして始まりとしての紅畝~』
期間: 2018年6月29日(金)~7月15日(日)
11:00~19:00(月曜定休)
会場: Whitestone Gallery Tokyo(新館 Ginza New Gallery)
東京都中央区銀座6-4-16

<< 岡西佑奈 書と禅語 「千里同風」

 
 
 

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広