• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • After Five デキる大人のアソビ場 丸山珈琲 表参道 Single Origin Store

コラム

After Five デキる大人のアソビ場 丸山珈琲 表参道 Single Origin Store

生産者とつながるコーヒーで 好みに合わせた味わいを
 

表参道駅A4出口から徒歩4分。大通りの脇にある細い道へ入った先、閑静な住宅街に佇むツタに覆われた建物──2017年9月にオープンした「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」である。1991年に長野県・軽井沢で創業した丸山珈琲の表参道の店舗は、1階がコーヒー豆ショップとカフェスタンド、2階が座ってくつろげるカフェとなっている。

同店の特長は、「シングルオリジン」、つまり品種や農園ごとに1つの銘柄としたコーヒー豆のみを扱っていること。別の地域や農園のものを配合するブレンドコーヒーとは異なり、「生産者の顔」を見て豆を選ぶことができるのだ。それが可能となるのは、同社の丸山代表が生産者から直接買い付けているため。代表自ら産地に赴いて信頼関係を築くことで、良質な豆を仕入れている。こうして取り揃えられた約30種の豆は、毎月入れ替わる。店舗限定の豆もあり、珍しい品種や、他の店舗とは焙煎度合いを変えて別の側面を楽しめる豆も。また、豆は店舗で挽いて渡してもらえるため、ミルを持っていなくとも安心だ。

生産者の思いを顧客に届けるべく活躍するのが、「豆のコンシェルジュ」である。同店に常駐するトップレベルのバリスタが、苦味や酸味など味の好みはもちろん、「朝に飲みたい」「元気の出る味わいが良い」といった抽象的な希望にも応じて豆をセレクトしてくれる。それを試飲しながら、自分好みの一杯を見つけられるのだ。

また、同店が主に提供している「フレンチプレス」は、丸山珈琲の定番の淹れ方。金属メッシュのフィルターを使い、香り成分を含むコーヒーオイルまで余すことなく抽出できるため、豆の持つフレーバーを最大限に楽しめるのだ。その他、「エスプレッソ」や不定期では「サイフォン」などのスタイルでも提供しており、さまざまな楽しみ方を提案している。

1階では豆を購入し、淹れたてのコーヒーをテイクアウトすることもできるが、2階のカフェに立ち寄り一息つくのも良いだろう。実際、カフェを利用し、豆も購入する人が多いのだとか。また、同店のメニューは新聞のようなスタイルで、コーヒーや生産者についてのコラムも掲載されている。ゆったりと時間の流れる店内で、メニューに目を通し、遠く海の向こうでコーヒー豆を育てている生産者に思いを馳せてコーヒーを味わう。すると、いつもと違ったコーヒーブレイクを過ごせるだろう。

客層は30、40代が多いが、学生から高齢者まで幅広いのに加えて、珍しい豆を扱っているとあり、海外から足を運ぶ客も増えているのだそう。表参道というアクセスの良さから、ビジネスマンも利用しやすいのも特長。仕事帰りや休みの日に訪れておいしいコーヒーを味わいつつ、家庭やオフィスでリフレッシュするためのコーヒー豆を選んでみてはいかが?

1 「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」は、その名の通り「シングルオリジン」のコーヒーのみを扱っているため、生産者の顔を見て購入できる点が最大の魅力である

2 テイクアウト用のカップには、ロゴが印刷されている。ホットのカップは、ずっと触りたくなる手触りの良さも特長

3 昔ながらの淹れ方である「サイフォン」。ヒーターとフラスコ、ロートを使ってコーヒーを抽出する様子は理科の実験のようで、目でも楽しめる。現在は扱えるスタッフがいるときのみ提供しているが、ゆくゆくは全員が扱えるようにトレーニングしているところ

4 新聞のようなスタイルの同店のメニューは、持ち帰り自由。生産者の顔写真と共に味わいが紹介されている他、コーヒーに関するコラムも充実しているため、読み物としても楽しめる

 

【Focus!】
古民家を改装してつくられた「丸山珈琲 表参道 Single Origin Store」は、壁や天井は新しいものに替えながらも、柱・梁や階段などはそのまま生かしている。そのため、2017年9月にオープンした新しい店舗ながらも、どこか懐かしさが感じられる建物である。住宅街の中で一際目を引く外壁を覆うツタも、もともと育てられていたものを残しているのだそう。2階で席について窓の外を眺めれば、グリーンが広がる。まるで軽井沢のロッジでくつろいでいるような、ゆったりとした雰囲気を楽しむことができるのだ。都会とは思えないこの安らぎの空間で、トップバリスタが淹れたコーヒーを味わう──そんな贅沢な一時を過ごしてみると、きっと日々の疲れが癒やされることだろう。

 
 
 

◆丸山珈琲 表参道 Single Origin Store
〒107-0062東京都港区南青山3-14-28(表参道駅A4出口徒歩4分)
【TEL / FAX】 03-6447-5238
【営業時間】 平日(月~金) 15:00~22:00
土・日・祝日 10:00~21:00
【定休日】 なし
【URL】http://www.maruyamacoffee.com/
 
 
[松本店 / 松本コーヒースタンド]〒390-0811 長野県松本市中央2-20-2 信毎メディアガーデン内1F / 2F
[軽井沢本店]〒389-0103 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1154-10
[ハルニレテラス店]〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町 星野ハルニレテラス内
[小諸店]〒384-0092長野県小諸市平原1152-1
[MIDORI長野店]〒380-8543長野県長野市南千歳1-22-6 長野駅ステーションビルMIDORI 3F
[リゾナーレ店]〒408-0044 山梨県北杜市小淵沢町129-1
[鎌倉店]〒248-0005 神奈川県鎌倉市雪ノ下1-10-5
[西麻布店]〒106-0031 東京都港区西麻布3-13-3
[尾山台店]〒158-0082 東京都世田谷区等々力2-18-15
[東京セミナールーム]〒158-0086 東京都世田谷区尾山台3-31-1-101号室

<<前の記事   Cafe HOOT HOOT  |

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広