• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • 岡西佑奈 書と禅語 「主人公」

コラム

岡西佑奈 書と禅語 「主人公」

「主人公」

 
経営やビジネスに奮闘される皆様の心に灯をともす“禅語”を書で伝える連載、「書と禅語」。今回は「主人公(しゅじんこう)」という言葉をご紹介します。

「主人公」は、日常でも当たり前に耳にする言葉ですが、実は禅語であることをご存じでしょうか。一般的には「主役」といった意味で使われますが、禅語では「本来の自分」という意味になります。誰でも、自分の中には純粋で自由な優しい自分が存在するもの。しかし、いろいろな情報や環境に影響を受けるうちに、次第に本来の自分から遠ざかってしまうこともあるでしょう。そこで、「本来の自分に問いかけ、その声に耳を傾けましょう」というのが、この言葉の教えです。

私は、まだこの言葉を知らない幼少期から、何かに悩む時にはもう1人の自分──つまり本来の自分の声を聞くようにしてきました。もう1人の自分は、どんな時でも必ず自分の味方であり続けてくれます。だからこそ、私はその声を聞くたびに、自分自身を取り戻すことができているのです。

それだけ私にとって身近な考えだからこそ、この言葉を改めて書く機会はなかなかなく、作品にしたのは今回が初めてです。書や絵画において、右は過去で左は未来を表すと言われます。そこで、この作品では中央の「人」という字が、「主」と「公」によって未来へと導かれるイメージで書きました。そして、「人」の右払いを太く力強く書くことで、自分でもまだ気付いていない自分自身が、現状から抜け出そうとする様子を表現しています。

皆様も、仕事で迷いが生じた時などには、本来の自分の声を聞いてみてください。次に進むための正しい答えが、きっと見つかると思います。

 

■プロフィール
岡西 佑奈 Okanishi Yuuna
 
幼い頃から、白い紙に滲み広がる墨の黒さ、“モノクローム”の世界に惹かれ、7歳から本格的に書に目覚める。書家・栃木春光に師事し、高校在学中に師範の免許を取得。水墨画においては関澤玉誠に師事する。書家として文字に命を吹き込み、アーティストとして独自のリズム感や心象を表現している。国内外受賞歴も多数。また、「子どもに命の大切さを伝えたい」という思いから、小学校での書道教室をボランティア活動として開催している。
 
■公式サイト
http://okanishi-yuuna.com/
■フェイスブック
https://www.facebook.com/YuunaArt/

<< 岡西佑奈 書と禅語 「看脚下」岡西佑奈 書と禅語 「千里同風」 >>

 
 
 

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2018年7月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはLINEでバイトの求人情報をチェック&応募できる「LINEバイト」を運営する上土達哉社長がご登場!挑戦を続ける社長の思いやビジョンとは?

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 鶴久 政治 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 名高達男 川﨑麻世 畑山隆則 宮地 真緒 駒田 徳広