• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • After Five デキる大人のアソビ場 ESCALADE

コラム

After Five デキる大人のアソビ場 ESCALADE

頭と体をフルに鍛える
ボルダリングで達成感を

 

「ボルダリング」は、ピッケルやロープなどの道具を使わず、落下しても危険でない高さの壁を登るスポーツである。特徴的なのが、壁に取り付けられた「ホールド」というカラフルな石。コースによって使うことのできるホールドが指定されており、それに指や足を引っ掛けて登りながらゴールを目指す。
 
新宿にある「ESCALADE」は、「世界で一番、初心者に優しいボルダリングジム」をコンセプトに掲げる。初めてボルダリングに挑戦する人には、ルールや注意事項を丁寧に説明し、簡単なコースを紹介。そして、コースの難易度を上げる中で、行き詰まってしまったらその場に控えているスタッフにいつでもアドバイスを求めることができる。
 
一見すると、大きな腕力が必要に思えるが、足へどれほど体重を掛けられるかがポイントであり、体を保持する体幹が鍛えられるスポーツだという。そして、登る前にコースを確認し、どのようにゴールに辿り着くかを組み立てる計算力が、実は身体能力よりも重要。そのため、性別や力の差にかかわらず楽しめる上、頭脳も鍛えられそうだ。
 
ボルダリングの魅力は、何と言ってもコースをクリアできたときの達成感。そして、約4mの高さを制覇する冒険心にある。特に試行錯誤したコースの場合、その喜びは一際強い。同店では定期的にホールドの位置が変更され、常に新しいコースに挑戦し続けられるという点も、多くの常連客から愛されている理由と言えるだろう。
 
それに加えて、同店の営業時間は24時までと遅く、オフィス街という立地もあり、仕事帰りに立ち寄る人も多いのだとか。スーツで足を運び、更衣室で着替えてシューズを借りれば気軽に始められるというのは嬉しいところだ。
 
また、「ビギナー道場」が定期的に開催され、動き方の基礎を学べるため、始めたばかりでも成長のヒントを得られるはず。興味を持った人は是非、初心者に優しい同店へ足を運んで頂きたい。
 

1 ウエアの上下、チョーク、シューズはレンタルも可能。靴下さえあれば、手ぶらでボルダリングを楽しめるのだ / 2 ホールドと呼ばれるカラフルな石が壁に付けられている。指先でつまむのがやっと、というほど小さなものもあるが、足掛かりにするには十分な大きさだという / 3 更衣室、ロッカー、手足を洗うスペースも完備されている。そうした設備が充実しているのも魅力の1 つ

 

【Focus!】

ボルダリングに必要な道具はシューズのみ。そのため2万円以下と比較的低いコストで、気軽に本格的な趣味をつくれるというのも特長の1つである。「ESCALADE」では、ボルダリング用のシューズの販売も行っており、その種類は豊富に取り揃えられている。同店では300円でシューズを借りることもできるが、種類によって登れる難易度も変わってくるとのこと。初めの数回はレンタルシューズで挑戦してみて、極めたいと思ったときにその場で購入すると良いかもしれない。

 

◆ESCALADE
【所在地】
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-5-20
新宿旭ビル
【TEL】
03-5937-0501
【営業時間】
10:00~24:00
定休日:なし
【URL】
http://www.escalade-climbing.com/

<<前の記事   猫の居る休憩所299  |  SPRING VALLEY BREWERY TOKYO 次の記事>>

 
 
 

好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年11月号
COMPANYTANK 2017年11月号

巻頭にはプロ野球選手・井口資仁氏がご登場!現役引退直前に何を思うのか──氏の信念、そして今後に向けた思いまでを存分に伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

時東ぁみ 杉田 かおる 鶴久 政治 矢部 みほ 名高達男 水野 裕子 宮地 真緒 川﨑麻世 駒田 徳広 畑山隆則