コラム

岡西佑奈 書と禅語 「知足」

「知足」

 
経営やビジネスに奮闘される皆様の心に灯をともす“禅語”を書で伝える連載、「書と禅語」。今回は、「知足」という言葉をご紹介します。

「知足」は「ちそく」と読み、文字通り、足るを知る──満ち足りていることを知る、という意味があります。物や情報があふれる現代において、私たちは、つい「無いもの」に焦点を当ててしまい、「もっともっと」という限りない欲求に悩まされてしまいがちです。しかし、今自分が持っているものと向き合い、その価値を知ることで、自然と感謝の気持ちが生まれ、これまでよりもさらに豊かな道が開けるのだと思います。

今回、「知足」という言葉を書いた際、筆で書いた字は綺麗すぎて何だかしっくりきませんでした。その時、ふと横に目をやると、書き終えた何枚かの紙があったのです。そこで、この紙を作品の中でよみがえらせようと、丸めた紙に墨を付けて書いてみました。それが、この作品です。自分の周りにすでにあるものにも、もっと違う価値があるかもしれない。そんなふうに思ったら、捨てるはずの紙が筆の役割を担い、私の中の言葉のイメージに重なるように表現できたのです。

ちなみに、書く時には「止め」や「払い」を忠実に行うように心掛けました。それでも、やはり完璧に美しい形にはならないのですが、私にとっては、伝えたいイメージの「知足」にぴったりの作品になったという意味で、すごく良いものに仕上がったと思います。

周りに当たり前にあるものも、見方を変えれば宝物になるかもしれません。常にこの言葉の意味を大切にすることで、日々の生活や仕事の捉え方も変わってくるのではないでしょうか。

 

■プロフィール
岡西 佑奈 Okanishi Yuuna
 
幼い頃から、白い紙に滲み広がる墨の黒さ、“モノクローム”の世界に惹かれ、7歳から本格的に書に目覚める。書家・栃木春光に師事し、高校在学中に師範の免許を取得。水墨画においては関澤玉誠に師事する。書家として文字に命を吹き込み、アーティストとして独自のリズム感や心象を表現している。国内外受賞歴も多数。また、「子どもに命の大切さを伝えたい」という思いから、小学校での書道教室をボランティア活動として開催している。
 
■公式サイト
http://okanishi-yuuna.com/
■フェイスブック
https://www.facebook.com/YuunaArt/

<< 岡西佑奈 書と禅語 「明珠在掌」岡西佑奈 書と禅語 「看脚下」 >>

 
 
 


amazonからのご注文
2018年9月号
COMPANYTANK 2017年11月号

1999年、25歳で世界7大陸最高峰登頂を達成し、当時の最年少記録を打ち立てたアルピニスト・野口健氏。15歳で初めて山に登って以来、登山はもちろん、清掃登山をはじめとした環境問題や社会貢献に関するさまざまな活動に勤しんできた。枠にとらわれない挑戦を続ける同氏を突き動かすものとは何なのだろうか。その唯一無二の哲学を伺った。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

矢部 みほ 水野 裕子 川﨑麻世 鶴久 政治 杉田 かおる 名高達男 時東ぁみ 畑山隆則 宮地 真緒