• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • After Five デキる大人のアソビ場 猫の居る休憩所299

コラム

休憩にも作業にも最適
猫たちに癒やされる空間

 

JR池袋駅の東口を抜け、サンシャインシティ方面へ向かった先にある「猫の居る休憩所299」。エレベーターの先でスリッパに履き替え店内に入ると、20匹ほどの猫たちがのんびり過ごす空間が広がる。猫を撫でたり、一緒におもちゃで遊んだりできる“猫カフェ”だ。
 
通常の猫カフェの4倍にもなるという広々とした店内には、多数のソファやベッド、大きなテーブルなどが配置されている。まずは自分の好きな場所に腰を下ろしてみよう。店内には2000冊以上の漫画、ボードゲーム、ノートパソコン、マッサージチェアなどが用意され、電源やWiーFiも完備。猫と触れ合うのはもちろんのこと、休憩したり、遊んだり、作業したりと、自由に過ごせるのが同店の特長だ。そんな気ままに使える空間だからこそ、訪れる客の男女比は同じ程度。夜10時までと、比較的遅い時間まで営業していることもあり、平日の夜には1人で来店するビジネスマンも多いのだとか。アフター5パック料金もあるため、仕事帰りに足を運べば疲れが癒えるはず。
 
ちなみに、猫たちは開店直後や夕方以降は活発で、おもちゃに食いつきやすい。昼から夕方にかけては寝ていることが多く、そっと撫でるチャンス。猫の種類や性格もさまざまなので、いろいろな猫と接してみるのも良いかもしれない。また、一度にたくさんの猫に囲まれてみたいなら、「猫おやつ」をオプションで付けるのもおすすめである。
 
猫のにおいはほとんどなく、落ち着いた音楽が流れる清潔な店内。居心地の良さから、時間を忘れて滞在することもあるだろう。料金は時間制だが上限料金が設定されており、オプション料金を除き平日は2000円、土日祝日は3500円以上掛かることはないから安心だ。
 
猫と同じように人々も自由に寛げるこの空間は、猫カフェというよりも、まさに“猫の居る休憩所”。猫たちとゆったりとした時間を共有しながら、体も心もリラックスさせよう。
 

1 柔らかなソファやベッドの席も多く、寝転がることもでき、体を休めるにはうってつけ。中にはそのまま寝入ってしまう人も / 2 在籍する猫たちは20匹ほど。ケージで休憩させるなど入れ替えながら、常にたくさんの猫が客席を歩き回る / 3 料金は時間制で、10分200円からの料金とパック料金を組み合わせて一番低い料金が適用される。350円でフリードリンクを付けることもできる

 

【Focus!】

「猫の居る休憩所299」は、ソファ、ベッド、カウンター、テーブルなど、座席の種類が豊富。そして一番奥には、円卓が4つ置かれた畳敷きのスペースもある。夏は涼しく冬はコタツが導入されて暖かなこの畳席には、猫たちも頻繁に訪れる人気の場所。また、パソコンやボードゲームなども利用できるため、まるで日本家屋で猫を飼っているような感覚に浸りつつ、思い思いの時間を過ごすことができる。何人かで訪れた際には、この畳席の円卓を囲んで猫を眺めながら、会話に興じてみては?

 

◆猫の居る休憩所299
【所在地】
〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-23-9
近代BLD.10 号館 5F
【TEL】
03-6914-0071
【営業時間】
11:00 ~ 22:00
定休日:なし
【URL】
http://www.nya-n.jp/299/
好評発売中 創刊より7年半、隔月刊誌として奇数月に発刊してきたカンパニーバンクは2013年1月より月刊化しました
amazonからのご注文
2017年9月号
companytalk

巻頭企画には株式会社ワンダーテーブルの秋元社長が登場。飲食業界で数々の改革を行う経営哲学について伺いました。

定期購読のご案内

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たち。本業における信念やその軌跡、そして経営者へのインタビューを通じて感じたことについて、本誌編集局が逆インタビュー。

宮地 真緒 川﨑麻世 水野 裕子 鶴久 政治 駒田 徳広 矢部 みほ 杉田 かおる 時東ぁみ 畑山隆則 大門正明