• TOP
  • >
  • コラム
  • >
  • 16年振りにNBAが日本で開催! 記者発表会レポート

コラム

 
16年振りにNBAが日本で開催!
記者発表会レポート

 

 
2019年3月5日、楽天(株)が主催する「NBA Japan Games 2019」の記者発表会が行われた。会場のザ・プリンス パークタワー東京には多くの報道陣が集まり、16年振りに日本でNBAの試合が開催されることへの注目度の高さが窺えた。スペシャルゲストとして、日本人初のNBAプレーヤー・田臥勇太選手も登場したその会見の様子をお伝えする。
 

エンターテインメント性を日本のファンへ

1990年から2003年にわたり、過去6回開催された「NBA Japan Games」。16年ぶりとなる今回は、さいたまスーパーアリーナで2019年10月8日(火)と10月10日(木)に、トロント・ラプターズとヒューストン・ロケッツの試合が行われる。

会見の冒頭では、楽天(株)の代表取締役会長兼社長である三木谷浩史氏が登壇した。「NBAの強豪2チームの試合を日本で開催することが決まりました。NBAのエンターテインメント性や、すさまじい盛り上がりを日本のバスケファンに体感してほしいです」と発言。そして、「バスケに熱中している子どもたちに、本場の試合を見ることで刺激を受けてほしいです」と、日本バスケ界へ良い影響をもたらしたいという期待を込めて語った。
 
 


 

「NBAプレイヤーになる」という夢を

その後、スペシャルゲストとしてリンク栃木ブレックス所属の田臥勇太選手が登壇。「日本人として初めてNBAに挑戦し、現地で実感したことは?」という質問に対して、「NBAは文化の1つであり、人々にとっての日常の中にあるんです」と述べ、自身の体験を基にこう続けた。「バスケの技術面も、プレイヤーとしてのメンタル面も、全てが世界トップレベルです。特に、バスケに対する情熱や懸ける想いがより強い。それら全てが最高レベルなのが、NBAの魅力です」。

そして、バスケに取り組む子どもたちについて、「NBAを日本で見られるのはとても貴重な機会ですし、子どもたちにはNBAを身近に感じてもらい、『自分もNBAプレイヤーになるんだ』という夢や希望を持ってほしいですね」と語った。
 
 


 

ワールドカップでの活躍を期待

NBAアジア マネージング・ディレクターのスコット・レビー氏は、質疑応答の中で、日本人として2人目のNBAプレイヤー・渡邊雄太氏についても言及。その技術力を評価するとともに、「日本人選手へ期待をしています」と述べた。

今夏、中国で開催される「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」への出場を決めた日本代表。2006年以来、3大会ぶり5回目の出場であり、若い世代の選手の活躍もあいまって、期待は高まるばかりだ。今回のNBA日本開催を受けて、バスケの魅力がより多くの人に伝わり、日本のバスケ界がさらに盛り上がっていくことが期待される。

 
 
 
 


amazonからのご注文
2019年5月号
COMPANYTANK 2019年5月号

巻頭企画「天馬空を行く」には、元プロボクサーの長谷川穂積氏がご登場!現役時代は10連続防衛や3階級制覇を果たすなど、輝かしい実績を誇る同氏の言葉から、 ビジネスにも通じるヒントを探ります。

定期購読のご案内
 
LINE@無料会員登録はこちらから

LINE@無料会員登録はこちらから

interviewer's eye

カンパニータンクのインタビュアとして活躍されている各界の著名人たちに本誌編集局が逆インタビュー。

畑山隆則 宮地 真緒 名高達男 杉田 かおる 矢部 みほ 水野 裕子 鶴久 政治 時東ぁみ